個人事業主のメリットとデメリットは?

個人事業主について

そのメリット、デメリットは?

 

個人事業主

 

ネットビジネスの収入も、当然、

確定申告する必要があります。

 

バレないと思うかもしれませんが、

報酬は、ほとんどが銀行振込なので、

バレてしまいますね。

 

当然金額が大きくなればなるほど。

 

ASPもしっかり、税務調査が入りますし、

年々、きびしくなっているのではないでしょうか?

 

 

後でバレると、過去の収入もさかのぼり、

追徴課税をされてしまいます。

 

 

納税は、国民の義務ですから。

 

 

確定申告が必要になるのは、

  勤めて収入がある場合は、それ以外の所得が年間20万円以上

  専業主婦の場合は、年間38万以上

となります。

 

 

この金額は、所得金額になりますので、

利益でということになります。

 

売上(収入)から、原価、経費を引いたものが利益になります。

 

 

1年の期間は、1月1日から12月31日までになります。

 

 

経費には、証拠としてレシートや領収書が必要になりますので、

必ず保管して下さい。

 

 

クレジットカードの場合も、明細をしっかり保存しましょう。

 

 

 

個人事業主

 

個人事業主とは、株式会社などの法人設立をせずに

事業を行う個人のことです。

 

自営業者という呼び方の方がしっくりくるかもしれません。

 

基本的には小規模で、少数で行います。

 

個人事業主のメリット

  自分のやりたいことを事業に出来る。

  業務内容、勤務時間など自分で決めることができる

  少ない資本で始めることができる

  青色申告をすれば、最大65万円の所得控除が可能

  法人化することもできる

 

このようなことが挙げられます。

 

青色申告をすれば、最大65万円の所得控除が可能は大きいです。

 

 

それでは、デメリットです。

 

 

個人事業主のデメリット

  毎年、確定申告が必要になる

  債務の責任は自分が負う

  雇用保険はない

 

このようなことが挙げられます。

 

株式会社と違い、個人事業主は、

債務責任をすべて自分で行う必要があります。

借入には十分注意しましょう。

 

確定申告は、必須です。

 

 

個人事業主の申請に関しては、

こちらを参考にしてください。

 

個人事業主の開業届

 

コメントを残す