リライトのテクニックを使用して効率的に記事を書くポイント

今回はリライトの説明と、

リライトのテクニックを使用して記事を書く方法です。

 

ライティング

 

リライトとは

 

 

サイトアフィリエイトなどで困るのは、記事が

書けないことがあげられます。

 

この部分は、つまづきやすい部分で、

書けないと挫折することにつながります。

 

 

その際に、

いろいろな文章を参考にしたりするかもしれませんが、

参考にしたサイトの文章をコピーして、貼り付けでは、

著作権にも触れます。

 

 

そして、グーグルには重複コンテンツとして、

インデックスされません。

 

 

 

そんな時に役立つテクニックは、

リライトと呼ばれる方法です。

 

 

 

リライトは、記事など文章をほぼ、一から書き直すことをいいます。

全面改稿になります。

 

ただ、誤解してほしくないのは、リライトは、部分的に文章を変えたり

並び変えたりすることではありません。

 

 

語尾を変えたり、文章を組み替えただけでは、

リライトとは言いませんので、この部分は注意して下さい。

 

今回は、リライトの際に使うテクニックの1つを紹介します。

 

類義語を使う

 

 

リライトの方法で有効なのは、

類義語を使うことです。

 

 

類義語は、

異なる言葉でも意味が似ていて、

代替えが可能になる言葉を指します。

 

 

意味を変えずに言葉を変える方法です。

単語を変えます。

 

 

難しいと思うかもしれませんが、

このようなサイトを使うと便利です。

 

 

類語辞典・シソーラス・対義語 – Weblio辞書

   http://thesaurus.weblio.jp/

 

 

約4000000語の類語や同義語・関連語と

シソーラス、対義語を収録しています。

 

 

例えば、

「調べる」という言葉の類義語を探してみましょう。

 

類義語

 

「調べる」を類語辞典に入力します。

 

すると、

調べるの類義語が出てきます。

 

調査、リサーチ、チェック、検閲、点検・・・・

 

たくさんの類義語が出てきます。

 

この言葉を使えば、同じ意味でも、

使う言葉は変わります。

 

 

言葉が違うと、重複にはなりませんから、

単語を変えるのが、良い方法です。

 

 

もちろん、文章の単語だけを書きなおしただけではダメです。

 

この単語を使用して、文章自体を、

書きなおすことは必要になります。

 

 

今回は、リライトをする際の一つのポイントをお伝えしました。

その他のリライトのテクニックは、次回お伝えします。

 

 

まずは、類義語の使い方をマスターして下さい。

 

コメントを残す