グーグルウェブマスターのFetch as Googleでインデックスを早める方法

グーグルウェブマスターツールを使い、

クロールにインデックスを追加してもらう方法です。

 

インデックス

 

「 Fetch as Google」を使用して、クロールを促して、

インデックスに追加してもらう方法です。

 

 

 

グーグルのウェブマスターに登録してあることが前提になります。

 

 

ここでは、ウェブマスターツールの登録説明は

省略します。

 

 

グーグルウェブマスターツールの画面です。

 

ウェブマスターツール

 

クロールをクリックすると、ウィンドウが開きます。

 

ウェブマスター

 

Fetch as  Googleが出てきます。

 

 

Fetch as Googleは、

URLを送信してインデックスしてくれるようにお願いする機能です。

 

 

コンテンツを更新しても、なかなかクローラーが訪れてくれない時や、

急ぎでインデックスさせたい時に補助的に使えます。

 

 

少しでも早く、インデックスしたい時に、

オススメです。

 

 

Fetch as  Googleをクリックします。

 

ウェブマスターツール

 

Fetch as Googleで送信したいアドレスをフォームに入力。

 

(例)

グーグルウェブマスター

 

「取得」をクリックします。

 

ウェブマスターツール

 

取得 ステータスが「成功しました」になったら、「インデックスに送信」

をクリックします。

 

インデックス

 

そのURLのみインデックス送信したい場合は、「このURLのみをクリックする」に

チェックを入れます。

 

そこからリンクされているページ全てをインデックスしてもらいたい場合は、

「このURL と直接リンク をクロールする」にチェックを入れた後、

送信ボタンをクリックします。

 

通常は、

「このURLのみをクリックする」で良いです。

 

 

これはあくまでも、

Googleにインデックスしてもらえるようにお願いするための機能です。

 

クローラーに、早く見に来てくださいという通知を行うものです。

 

クローラーが取得していったからといって、

グーグルが必ずインデックスしてくれる保証はありませんが、

サイトを立ち上げた際は、特に使用すると良いです。

 

 

「Fetch as Google」では、

申請できる回数が決まっていますので注意して下さい。

 

 

URL  1週間に500回まで

URLと全てのリンクページ 1ヶ月に10回までです。

 

少しでも、早くインデックスさせたいですね。

 

コメントを残す