コンテンツの作り方!どうやって作るの?ポイントは?

今回は、コンテンツのお話です。

 

「コンテンツが作れない・・・」

という方がいらっしゃいますが、

どのようにコンテンツを作ればいいのでしょう?

 

 

パソコン操作

 

 

今回は、

その部分に関してお伝えしていきます。

 

 

 

まず、コンテンツですが、

コンテンツとは、内容、中身という意味の英単語です。

 

 

 

ネットビジネスでは、

コンテンツは、その人の価値であり、

ブランド化(ブランディング)でもある部分。

 

 

 

コンテンツには、

有料で販売するものから、無料レポートのようなものまで、

いろいろなものがあります。

 

 

 

自分で作成する場合は、難しそうに感じますが、

コンテンツは、経験がなくても、

知識を入れて学ぶことでコンテンツを作ることが可能。

(経験、発想、思考などを使い作成することも可能)

 

この部分を理解しておきましょう。

 

 

 

 

ただ、難しく考える必要はなく、

実は、いろいろな所にコンテンツを作るネタがあり、

インプット⇒アウトプットを行うことが大事です。

 

 

インプット⇒アウトプットは、自分自身の学びにもなり、

その過程で、コンテンツを作っていくことが可能ですから。

 

 

例えば、

私の記事を読んで学びがあれば、

それを自分の中に落とし込むことで、コンテンツを作ることも可能ですね。

 

 

その学びをもとに考えたり、

実践してみてその結果を検証・分析してまとめたり、

いろいろな方法があります。

 

ただし、丸ぱくりはNGです!

 

 

 

そして、
「アウトプットは情報発信の原点」です。

 

 

 

上手く学びを使い、アウトプットをすることが、

コンテンツ作成にもつながりますから。

 

 

 

また、コンテンツの発信方法に関しては、

情報認識度も考え、

音声、動画など活用するのは有効です。

 

 

『メラビアンの法則』というものがあり、

 

・文章などの文字情報では5%

・聴覚情報では38%

・身振り手振り、表情などの視覚情報では55%

 

という情報伝達量があります。

 

 

この法則をもとに考えると、

文字情報で伝えれる部分は少なくて、

最終的には、セミナー(直接会うこと)が一番伝わりますね。

 

 

このようなことも視野に入れて、

コンテンツ制作を進めていきましょう!

 

 

コンテンツは、

文章だけでなく、音声、動画で行うことも可能ですから。

 

⇒ コンテンツマーケティングのコツ

 

コメントを残す