見出し(hタグ)の使い方は?SEO効果は?

見出しタグについて

SEOの効果はあるの?

 

見出しタグ

見出しタグの使い方と解説です。

 

見出しのhタグとは?

 

今回は、HTMLタグの主要タグの見出しです。

ブログでもかなり使うことが多いです。

 

H(見出しタグ)です。

Heading(見出し)の頭文字のHです。

 

Hタグには、H1~H6までの、6種類があります。

 

h1タグは、もっとも重要度が高く、検索エンジンに高く評価されます。

h2~h6は、順番に重要な見出しとして、評価されます。

 

Hタグの使い方は?

 

h1タグは、1つのHTMLの文章の中で1か所だけに使います。

基本的には、記事タイトルに使われるため、

記事本文で使うことはありません。

 

基本的に<h1>は1ページに付き1回だけにしましょう。

 

h2タグ以降は何度使っても構いませんが、

見出しタグは見出しであることをユーザーや検索エンジンに伝える為に利用します。

あくまでも文書構造をわかりやすくするためのタグです。

 

表示する順番には気をつけてください。

 

(例)

Hタグ

 

右のように、順番にならないと、構造がおかしくなります。

 

 

また、

検索ランキングで上位を目指したいキーワードを

無理やり詰め込んだりしないように、注意して下さい。

 

 まとめ

 

見出しを付けることで得られるメリットは、

SEO対策だけでなくて、単純に読みやすいことがあげられます。

 

ユーザーに対するメリットがあるサイトは、アクセスも上がりますので、

ブログ、サイト運営ではより効果的です。

 

有効に見出しを使用していきましょう。

 

コメントを残す