ストーリ仕立ての構成は心に入る?オススメのストーリーは?

文章構成の方法(ストーリー)

ストーリー仕立てで読み手を引き込む。

 

 

文章構成にはいろいろありますが、

そのひとつに、ストーリー型があります。

 

 

ストーリー仕立てで書かれた文章というのは、

読み手の心に響きます。

 

 

ストーリー型は、出来事を起きた順番に書く方法で、

時系列に沿って書いていきます。

 

 

子供のころに読んだ本などは、ストーリー(物語)になっていて、

今でも印象に残っているのではないでしょうか?

 

まずは、自分の経験などをネタにして書くのがおすすめです。

自分のプロフィール作成で試してみるのが良いです。

 

 

難しい話はなかなか頭に入りませんが、
ストーリーであればすっと理解する事が出来ます。

 

 

ストーリーは、

自らが、経験したかのように想像することができ

感情移入ができ、好意をもつようになりやすいのです。

 

 

私たちは、ストーリーが大好きです。

そして、そのストーリーに引き込まれていくのです。

 

映画、小説、漫画、時代劇など色々な媒体で

ストーリーが語られていますね。

 

 

商品販売で一番効果的なのが、 『勇者のストーリー』

と呼ばれる定番の物語構成です。

 

 

元々、弱かったり、問題のある主人公が、一度人生のどん底を経験し、

そこから努力を重ねて這い上がり最後は大きな勝利、成功をつかみ取ると言う、

V字回復のストーリーです。

 

 

ストーリーを書く際に抑えておくポイント

  文章の流れが一貫していること。

  つじつまが合っていること

  具体的に書くこと

  気持ちの変化を取り入れると臨場感が出てきます。

 

 

人は、物語が好きで、

ストーリーは、読まれやすいです。

 

人は物語を信用しやすく、なぜか客観的な根拠がなくても、

物語というのは信用しやすい。

 

 

ストーリーを入れると

 

それだけで反応が上がる可能性を秘めています。

 

コメントを残す