返報性の法則とは?どのように使われている?

試食コーナー

返報性を知っていますか?

人間心理の一つですがかなり重要です。

 

 

返報性とは、
何かもらうと、お返しをしなきゃと思う、 心理の事です。

 

お返し

 

これを返報性と言いますが、非常に強烈で

「返報性の原理」です。

 

返報性の原理のことを、ドア・イン・ザ・フェイス・テクニックともいいます。

 

 

例えば、

何か困った時に相談やお願いした時に

とても丁寧にことに接して頂いたとすると、

 

「何かの時には、ちゃんとお返しをしなければ」

 

と思う、その気持ちのことです。

 

 

 

スーパーやデパ地下の試食コーナーなどもいい例です。

試食

 

試食すると、

「何となくその商品を買わなければいけない」

という気持ちがわくことも多いのではないでしょうか?

 

 

何かを与えられたら、何かを返したくなるのが人間というものです。

 

「受けた恩は必ず返す」などがありますね。

 

 

ビジネスの世界でも、最後にものをいうのは、

「恩」や「お返し」です。

 

この返報性は、大事な考え方です。

 

 

返報性の原理は人を動かす原理として、

いたるところで利用されており、

ビジネスでは、意図的に使われています。

 

返報性とは別に、

一貫性の原理(フット・イン・ザ・ドア・テクニック)もあります。

 

一貫性の原理は、別のページで紹介します。

 

交渉術、有効活用していきましょう!

コメントを残す