クラウドワークスで稼いだ流れ!報酬を得ながらスキルを学べ。

サイトアフィリエイトで稼げなかった頃は、毎日ブログを更新していました。

でも、ブログを書いても全く稼げませんでした。

サイト作成をして稼いでいこうと思っても、なかなか収益につなががらない。

このようなケースは多いのではないでしょうか。

特に、アフィリエイトのサイトを作成して売上を上げようと思っても、すぐに収益が上がることは少ないです。

purse-3548021_1920

未経験者や初心者ならなおさらのこと。

自分でサイトを作成して稼ごうと思っても、通常のバイトのように、仕事をした分だけお金がもらえるというわけではありません。

ず~っと報酬ゼロで働くということもザラです。

このような状況に耐えるのは、非常にしんどいことではないでしょうか。

computer-1185626_1920

僕は以前はサイト作成を数多くしていましたが、思ったような収益が上がりませんでした。

また収益が上がったとしても数千円、安定した収益になりませんでした。

特に、フリーランスで仕事をする場合は、収益がないことは生活にも関わります。

この収益では不安だったため、色々調べた時に出会ったのが「クラウドソーシング」です。

クラウドソーシングとは、ネット上で作業を応募するということです。

クラウドソーシングにはいくつかありますがその中でも定番の「クラウドワークス
」を使用してライティングの仕事を始めました。

2019y02m12d_201247550

クラウドワークスに挑戦

クラウドワークスを始めた時は、最初はこれで本当にお金がもらえるのかと不安でした。

しかし、そんな不安はすぐに消えて、始めてすぐに収益が上がりました。

クラウドワークスで初めて行ったのは、数100文字の文章作成です。

元々、長文を書くのが得意ではなかったなかったため、最初は短文のものを選んで試しに始めてみました。

すると、一つの文章で数十円から数百円の収入を得ることができました。

今までサイトを作りまくって収益が上がらなかった事を考えると、こんな簡単にお金がもらえるのは驚きでした。

ブログの場合は、記事を書いて、すぐに収益が上がるわけではなく、収益が出るまで数ヶ月以上かかることもざらでしたから。

このように、文章を書いてすぐに収益になるというのは非常に新しい感覚で驚きでした。

laptop-820274_1920

このような出来事がきっかけで、 色々なライティングに挑戦していきました。

最初は200から300文字のものをやっていましたが、短い文章はどうしても収益には繋がらないため、長めの文章、2000文字以上の案件にも挑戦。

クラウドワークスでは、色々な分野があるため、自分に合った分野や興味のある分野のものを選んで行って行きました。

例えば、旅行、食べ物、車関係。
レビュー関連の使った商品やデジタルガジェットなど様々な分野があるため、その中でも自分が書けそうなものを応募して行いました。

最初は長文が書けるのかどうかが心配でしたが、興味のある分野であれば、気がついたら2000文字3000文字というのは簡単に書けるということがわかりました。
(最初は500文字書くのも大変でした。)

興味のある分野でもさらにその事柄を調べていくとより多くの文章が書けるので、意外と文章が書けないと思っても、文字数を書くことができます。

また長文を書くには、コツがあることにも気づきました。
(長文のコツはまた別の記事で書きます。)

もし長文が書けない方、苦手な方は、まずは自分の興味があることや自分の得意分野から始めることがオススメです。

このような感じでクラウドワークスでライティングを始めて、 まず最初の月に3万円ほどの収入が上がりました。

3万円を得るために、最初は10円~数100円から始め、1記事1500円などの案件に挑戦。
月20記事以上書いて、3万円を越えました。

このようにして稼げることが分かったため、後は文字の単価を上げていけば同じ作業でも金額が上がるということがわかりました。

その後は文章力を磨きながら、文字単価の高いものへと切り替えて行きました。

2019y02m12d_211603449

このような感じでブログの収益が上がらなかった頃は、クラウドソーシングを利用して、アルバイトに近い感じで文章を書いていきました。

一時期どこかにバイトに行こうかとも考えましたが、 クラウドソーシングなら在宅で仕事ができて、通う必要もなく、空いた時間を使えるというのが一番のメリットです。

そして、文章を書く練習にもなります。

ただし、収益の金額は内容や文章によって異なるため、どのような案件を受けるかの選択には注意してください。

クラウドワークスでは、ライター以外にも、色々な仕事があるため、自分に合った仕事を探してみるのもいいです。

ちなみに一時期、写真を撮って画像送って収益を上げていたこともあります。

この作業はライティングとは関係ありませんが、このような作業でも収益をあげれることは驚きでした。

このような流れで3ヶ月後には月10万円を越えました。

 
ここまで書くと簡単そうですが、実際にそんな簡単ではないのは事実なのでその部分もお話ししておきます。

まず、報酬からはクラウドワークスへの手数料がとられた金額が入ります。
(システム利用料として20%とられます。)

1500円の案件なら、1200円が入ってきます。

また、ライターの仕事であれば、記事を書いて承認されて報酬になります。

内容に沿ったもので、文字数など決められた条件で書くことが必要。

しっかり条件を確認して案件を選択することが重要になります。

報酬の入金に関しては、報酬が入るのが15日締めの月末振込と月末締めの翌月15日振込の2パターン。

あと報酬振込額は1000円以上になります。
 

このようなデメリットもあるため注意が必要ですが、文章を書くことを学ぶことが可能。

個人でサイトの記事を書く場合は、どうしても客観的な視点が抜けやすくなりますが、お金をもらって書く記事は、意識も変わりますし、書いた文章をチェックされます。

記事をチェックされることで養われるのが、客観的な視点。

この視点は、文章を書く時にとても重要です。

報酬を貰い、学びながら文章を書くことで、書くスキルは大きく向上します。

このメリットの部分が非常に大きくて、文章を書くことのレベルアップにつながり、ライティングの勉強をしていく上でも非常に役に立ちます。

私自身、ここでスキルを磨くことができました。
 

また、自分の評価システムがあるため、評価が上がっていくと仕事も増えてきますし、相手からいいオファーをいただくこともあります。

クラウドワークスは無料でお金をかけずに仕事を取れて、報酬は現金で振り込みされます。

そのため、ネットで報酬を得る実感を受けるには非常に便利で、簡単なタスク作業を行ってみるのも最初の一歩としてはいいですよ。

このような小さな成功体験を積み重ねることで、さらなる大きな成功へと繋がっていくと思います。

これから先の足がかりとして、このようなサービスを使用してみるのもいいのではないでしょうか?

⇒ クラウドワークス

コメントを残す