グーグルアドセンスのサイト追加の審査に合格。注意点は?

<アドセンスのサイト追加申請について>

 

2019年11月にサイトをアドセンスの広告掲載の申請(サイト追加)しました。

こちらの記事では、その際の結果や流れを書いていきます。

 

まず、アドセンスのサイト追加申請の結果は、
サイト申請の翌日に審査が通りました。

 

申請したのは、夕方で、翌日の午前中に掲載OKのメールがグーグルアドセンスからきました。

 

どのようなサイトの状態で申請したのかを記載していきます。

(サイトの追加方法は、アドセンスにログインして「サイト」から「サイトを追加」をクリックしてurlを入力します。)

 

<申請したサイトの情報>

・ドメインを新しく取得したサイトです。
 (新規ドメインで1か月前に取得)

・ワードプレスで運営しています。

・記事数は20記事

・文字数は1000~3000文字程度の記事

・画像は入れています(1記事 2枚以上~)

・ユーチューブの埋め込みをした記事もあります。

・内容は、体験したことを書いています。(体験記)

・お問い合わせフォームあり

・プライバシーポリシーの記載あり

このようなサイトをグーグルアドセンスに申請しました。

 

<アドセンスの申請した感想>

アドセンスは5年ほど前に登録して、今回、新しいサイトを作ったため、サイト追加を行いました。

申請からOKまでの期間が思ったより早くて驚きました。

(サイトの追加は、簡単な審査のみで承認は早いようです )

 

承認されるのに、長いと1週間以上かかるとも聞いていたので、かなり速かったです。

グーグルアドセンスから来るメールは、英語でのタイトルだったので、スルーしてしまいそうでしたが、よく見ると「Your site is now ready to serve ads on AdSense」と書かれていました。

その後、アドセンスの自動広告をONにしました。

 

ただ、それと同時に「adx.texファイルの修正」が表示されましたので修正しました。

 

「adx.texファイルの修正」に関してはこちらの記事を参考にしてください。
 (Xサーバー用のやり方)

⇒ アドセンスのadx.texファイルの修正をXサーバーWPで簡単に行う方法

 

今回のサイト作成で気をつけたのは、読者に「価値を提供すること」です。

誰がこの記事を読むのかを意識しながら、分かりやすく伝えることを意識しました。

文字数はあまり意識せずに、分かりやすい文章で読んでいる人が理解しやすいように画像も使用しながら書きました。

 

アドセンスでは、ユーザーにとって価値がほとんどないページはNGなので、内容に注意が必要です。

 

いかがでしたか?
今回は、アドセンスのサイト追加の体験記を書きました。
この記事が何かのお役にたったなら幸いです。

コメントを残す