初心者なら権威性は使うな。もし、使うなら引用がオススメ。

<権威性について>

ライティングを学んで行くと、「権威性は重要」ということを聞いたことがあるかもしれません。

Webライティング関連の書籍を見ると権威性について書かれていることが多いです。

権威性とは「権威のある人、偉い人の言葉は信頼されやすい」というもの

このページでは権威を、特定の分野などに精通して専門的な知識がある人のことを指しています。

 

医者について例えると、

医者が白衣で病気について説明するのと、普通のおっさんがジャージで説明するのでは信用度が全く違います。

何の肩書きも無い人が言うよりも、権威がある人が言うのでは全く違います。


話すことも書くことも誰が伝えるかが重要で、 権威の力はとても大きく、効果があり信頼につながりやすいです。

 

話も文章も誰が伝えているのか?誰が伝えているのか?は大切です。

医者の例のように、権威の力を使えば信頼の高いものになります。

しかし、権威性が重要だからといって、なんの権威も無い人が権威性を使うのは難しいと思います。

 

「自分には権威がない。」と思ってしまうかもれません。

 

そもそもサラリーマンで権威を身につけるというのは大変なことです。

仕事や趣味の分野でずっと続けていることなどがあれば、その分野の権威を発揮することができるかもしれません。

 

しかし、全く何もない状態で権威を発揮するというのは難しいです。

 

では、どうしたらいいのでしょう?

 

最初は権威性を意識せずに、まずは自分の得意分野や優れている部分に力を注いでいくことが重要です。

権威がない場合は、権威という言葉にとらわれすぎない方がいいです。

権威を意識しすぎることで、おかしな文章や表現になってしまうことがあり、ただの自己満足になってしまうこともあります。

 

<権威の注意点>

・権威性を出そうとしすぎないこと

 

権威を作ろうと意識しすぎるあまり、ただの自慢話になってしまったり、不自然な話しになったり権威からかけ離れていってしまうことがあります。

 

これでは逆にマイナスになってしまいます。

 

権威は書き方を間違ってしまうと、明らかに不自然ですし、嘘くさいイメージをもたれてしまうことがあります。

権威は、無理して作りすぎないということが大きなポイント。

 

自分の得意分野を積み上げて行くことで、自然と権威性につながる部分が出てきます。

 

例えば、
・ブログを3年書いているとか。
・WEBライティングを3年行っているとか。
・○○○○○PVのブログを所有しているとか。

実績をもとに権威につながることを作っていくのが効果的です。

 

ただ、そうなると「それまでに何年かかってしまうんだ?」と思うかもしれません。

 

そんな時は、権威を引用するという方法がおすすめです。

「権威のある人の言葉の一部分を引用する方法」

 

例えば、「5社のWebコンサルを行う○○○さんはこう書いています。」というように権威のある人の言葉を引用する方法が使えます。

 

この方法なら、その通りに行ってみた結果・・・・というように自分の体験を組み合わせることも可能です。

※引用する場合は、引用の明記は必要なのでその部分は注意して、正しい方法で行ってください。

 

引用というのはどうしても力が弱くなってしまいますので、最終的には自分のブランディングをして自分の権威性を高めていくのは大切です。

 

地味ですが、何かを積み上げて行く作業をいう作業は必要です。

 

いかがでしたか?
こちらのページでは、「権威性」について書きました。
あなたのWebライティングの参考になればと思います。

コメントを残す